ふくらはぎの痛み (アキレス腱炎・周囲炎)|大阪府大東市で住道駅付近の鍼灸整骨院なら、『もり鍼灸整骨院』にお任せください。

    • 住道院

    • 0728723799

    受付時間
    【平日・日曜・祝日】9:00~12:00 / 16:00~20:00
    【土曜】9:00~12:30
    定休日
    土曜午後
  • お問い合わせ

  • LINE

ブログ

2022.04.21

ふくらはぎの痛み ?!それとも?!(アキレス腱炎・周囲炎)

この痛みは

 

ふくらはぎなのか、踵なのか?

 

どっちなんやろうみたいな

 

痛みを感じた経験をした事のある方おられないでしょうか?

 

え、今ちょっと痛いねんけど。。。

 

それ、アキレス腱炎(周囲炎)かもしれません!

 

【アキレス腱炎(周囲炎)とは?】

アキレス腱炎とはアキレス腱の実質部(アキレス腱そのもの)に障害や炎症が生じたものと、

アキレス腱とパラテノン(アキレス腱の腱上膜)のあいだの損傷をアキレス腱周囲炎といいます。現在はこの二つの疾患をアキレス腱炎としています。

 

【なんで起きるの?原因】

・過度の運動(ランニングや繰り返しのダッシュ・スポーツ活動されている方)による

アキレス腱に負荷がかかり過ぎている(オーバーユーズ)、

 

・不適切なシューズを使用している(サイズがあっていない、クッション性のないもの)

 

・スポーツ活動時、グラウンド表面の不整(凸凹しているグランドなど)があると

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)の柔軟性の低下などでアキレス腱に負荷がかかり起きてしまいます。

 

【あなたは当てはまる?痛みの特徴】

 

☑運動時にアキレス腱部に痛みがある

 

☑安静時もアキレス腱部に痛みがある

 

☑アキレス腱に腫れた感じがある

 

 

【アキレス腱炎を起こしやすい方】

 

・スポーツや重労働の時間、量が多い人(ランニング、ジャンプ、蹴りだし動作の繰り返しが多い人)

 

・足関節の動きが硬い人

 

・股関節の動きが硬い人

 

・偏平足(土踏まずがない、崩れている)

 

・ハイアーチ(足の甲が高い)

 

【アキレス腱炎を起こしやすい環境】

 

・グラウンドの不整(デコボコしている所など)

 

 

【アキレス腱炎が起きてしまったかも?セルフケア】

・痛みが強ければアイシングをする

・(セルフケア)

・ふくらはぎのストレッチ

・ふくはらぎのマッサージ

・大腿四頭筋(太もも前面)、ハムストリングス(太もも後面)のストレッチ

・靴の中にインソールをいれる。

 

【アキレス腱炎を起こさない為に!予防】

起きてしまった場合と重複しますが普段からのケアが重要です★

(セルフケア)

・ふくらはぎのストレッチ

・ふくはらぎのマッサージ

・大腿四頭筋(太もも前面)、ハムストリングス(太もも後面)のストレッチ

 

(起こしにくい環境作り)

・クッション性の高い靴を履く(ランニングシューズ・ウォーキングシューズ)

・仕事で革靴を履かなければいけない方

・スポーツ活動でスパイクを履かないといけない方

→インソール(中敷き)をいれるとクッション性が高まりアキレス腱に負荷がかかりにくい環境になります!

 

【最後に】

・スポーツをしている方は、大事な大会の前に痛みが出てしまうと満足なプレーができないこともあるので日頃からストレッチなどのケアを大切にして頂きたいと思います。

 

・もし痛みや違和感が出た場合は、我慢をせずに早めに治療を受けることをお勧めします。

一人でセルフケアを続けるのが苦手な方や、ストレッチ方法がわからない方はぜひ当院にご相談をください。

・ストレッチ方法などは今後当院のインスタグラムにて投稿していきますのでそちらを参考にしてくださいね!!

 

「もり鍼灸整骨院 住道」で検索! フォローもお願い致します♪

 

 

担当 鍼灸師 原田 誠也

 

 

ページトップへ戻る